千葉での葬儀の参列前によくあるミス

千葉での葬儀に参列するにあたり、マナーをわきまえた行動を取る事も大切です。

●こんな事をしない様に…→《URL:https://news.nifty.com/article/item/neta/mnwoman-mw5920202/

葬儀に参列する時に、うっかりやってしまいがちなミスもあります。

・葬儀参列前にやってしまいがちなミス

訃報を聞いて直ぐに駆けつけるのはいいのですが、それが真夜中だった場合は遺族も疲れていますので配慮が必要です。

常識範囲内の時間でも、長居するのは迷惑がかかりますし、マナーとしてもよろしくないので控えましょう。

故人との対面を遺族にすすめられないかぎり、自分から対面を申し出るのもマナー違反です。

とりあえずという事で、電話をかけお悔やみを述べておこうと考える事もありますが、これもNGです。

参列できない場合は、弔電を打つ事で対処します。

・参列前に注意したい事

千葉での葬儀に参列できない時は弔電を打ちますが、通夜や葬儀の時は遺族も何かと忙しいので、とりあえず弔電を打ち、後日香典を郵送するか、弔問してお悔やみを伝えましょう。

あまり時間が経ってから香典を送るのもタイミングが悪いので、送る場合は早めに手配します。

弔問に行き長居するのはNGですが、親しくしている間柄なら何か手伝える事がないか聞いて、頼まれた場合は手伝ってもOKです。

それ以外は、お悔やみと焼香が済んだら早めに引き上げます。

・まとめ

葬儀に参列する時にもマナーはありますが、参列前にもマナーはあります。

悪気は無いとしても、気持ちが落ち込んでいる遺族を悲しませる事は避けておくべきでしょう。

マナーとして知っておくだけでも役立ちます。

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.