千葉の葬儀に参列する時にありがちなミス

千葉での葬儀に参列する前にもいくつか注意したい事がありますが、葬儀に参列する時にも注意すべき事はあります。

・葬儀に参列する時にやってしまいがちなミス

これは千葉だけでなく全国共通ですが、葬儀に参列する時に持参する香典には、ピン札は使えません。

どうしても他に用意できない場合は、折り目をつけておきましょう。

▼こちらもCheck!⇒香典袋の選び方 御霊前と御佛前、御香典の違い | マイナビニュース

葬儀の時間を知らされているのに遅刻をするのは、かなり失礼な事です。

やむを得ない事情がない限り、時間に余裕を持って参列します。

葬儀場で知り合いに会う事もありますが、この場合は声をかけたり話しかけたりするのは、葬儀場を出てからにします。

亡くなった原因がわからなくても、それを遺族に質問してはいけません。

・通夜振る舞いについて

通夜の時に、通夜振る舞いを勧められます。

通夜振る舞いには、故人を供養するという意味があるため、それを断るのは失礼にあたります。

軽く箸をつけるだけでもいいので、快く受けてください。

通夜振る舞いを受けても、長居せずできるだけ早く切り上げるのもマナーです。

お悔やみの言葉として「ご愁傷様です」と言いますが、これは仏教の場合です。

宗教によって、お悔やみの言葉は変わりますので、事前に調べておきましょう。

キリスト教の場合は、「お悔やみ申し上げます」か、「安らかな眠りをお祈りします」と言うのがいいでしょう。

・まとめ

意外と知らずにやってしまうミスは多いです。

葬儀の時に小さい子供を連れていくのもNGです。

長時間でもおとなしくしていられるならいいのですが、それができない場合は同席させない方がいいでしょう。

千葉での葬儀の参列前によくあるミス

千葉での葬儀に参列するにあたり、マナーをわきまえた行動を取る事も大切です。

●こんな事をしない様に…→《URL:https://news.nifty.com/article/item/neta/mnwoman-mw5920202/

葬儀に参列する時に、うっかりやってしまいがちなミスもあります。

・葬儀参列前にやってしまいがちなミス

訃報を聞いて直ぐに駆けつけるのはいいのですが、それが真夜中だった場合は遺族も疲れていますので配慮が必要です。

常識範囲内の時間でも、長居するのは迷惑がかかりますし、マナーとしてもよろしくないので控えましょう。

故人との対面を遺族にすすめられないかぎり、自分から対面を申し出るのもマナー違反です。

とりあえずという事で、電話をかけお悔やみを述べておこうと考える事もありますが、これもNGです。

参列できない場合は、弔電を打つ事で対処します。

・参列前に注意したい事

千葉での葬儀に参列できない時は弔電を打ちますが、通夜や葬儀の時は遺族も何かと忙しいので、とりあえず弔電を打ち、後日香典を郵送するか、弔問してお悔やみを伝えましょう。

あまり時間が経ってから香典を送るのもタイミングが悪いので、送る場合は早めに手配します。

弔問に行き長居するのはNGですが、親しくしている間柄なら何か手伝える事がないか聞いて、頼まれた場合は手伝ってもOKです。

それ以外は、お悔やみと焼香が済んだら早めに引き上げます。

・まとめ

葬儀に参列する時にもマナーはありますが、参列前にもマナーはあります。

悪気は無いとしても、気持ちが落ち込んでいる遺族を悲しませる事は避けておくべきでしょう。

マナーとして知っておくだけでも役立ちます。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.