喪主として覚えておきたい事

千葉で葬儀を行う場合、喪主はやらなければいけない事がたくさんあります。

喪主の心得を紹介します。

・喪主の心得

まず葬儀社への手配、親族や寺院への連絡をします。

葬儀に関する細かい事は、葬儀社の人が指示してくれますので、それに従っておけば間違いありません。

葬儀の時、式場で座る順番も決まっています。

これも葬儀社の人が指示してくれますが、喪主は右前列の祭壇に一番近い席に座ります。

祭壇に並べる供物や供花の並び順も決めますが、これも葬儀者の人と相談して決められます。

地域による違いはありますが、通夜の後に通夜振る舞いをします。

お茶と上用饅頭を用意するところもありますし、食事を用意するところもありますが、これも葬儀社の人と相談できます。

食事の場合、弁当にすると人数が合わなくなり、足りなくなったり余ったりしますので、皆が気軽につまめるオードブルのような物が向いています。

千葉の地域によっては葬儀当日に初七日の精進落としをする事もあるので、この場合は精進落としの料理も用意します。

・喪主の挨拶

喪主は葬儀中何度か挨拶をしなければいけません。

通夜振る舞いや精進落としの会食の前の挨拶、葬儀のはじめの挨拶、終わりの挨拶など何度か挨拶をします。

これは通夜や葬儀に参列してくれた人へのお礼と、尽力への労をねぎらう言葉を選びます。

・まとめ

喪主は葬儀が終わってもやる事がたくさんありますが、ほとんどは葬儀社の人が指示してくれるので、相談しながら進めます。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.